文字盤が光ってバージョンアップ!「壊れたプレイステーションで作られた壁掛け時計」を実際に作った方が登場!


01 02
電源ボタンでライトアップ!
もうなんか神々しさすら漂います…!

以前ご紹介した壊れたプレイステーションで作られた壁掛け時計
の記事を読まれたじぇにはらさんが、
文字盤が光ってさらにバージョンアップした
おしゃれプレステ時計を実際に作られてしまいました!仕事早い!

Twitterで拝見してお声をかけさせていただいたところ、
作り方もざっくりと教えて頂いてしまいましたので
以下にご紹介いたしますー!

03
まずはバラして洗浄から。
使うのは、塩素系漂白剤がオススメだそうです。

04
続いては文字盤に文字を刻みます。

数字を描いた紙を固定させ、リューターでちょっとずつ彫っていき…
穴が貫通した後は、デザインナイフで細かいバリを取るような感じで
穴の大きさを広げられたそうです。

この数字のフォント、前回ご紹介したものよりも
カクカクでカワイイですよね♥

05
光が透過しやすいようにパーツを形成し…

01
組み立てて出来上がり!

06
ちなみに、時計の針と蓄光シールはDAISO様で購入されたそうです。
リーズナブル!

 

そしてじぇにはらさんは、実際に電源ボタンを押した感じの
動画も投稿されていましたので併せてご紹介します!
この電源とライトが連携されている感じ…たまりません!

このプレイステーションリメイク時計、実は私も真似して作ろうと思って
ちょうどジャンク品のプレイステーションを入手していたところでした。
この作り方、参考にさせて頂きたいと思います♥
皆さんもぜひぜひ!

▼関連記事
このアイデア、真似したい!壊れたプレイステーションで作られた壁掛け時計 | そうさめも

プレイステーション本体(SCPH-3000)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
売り上げランキング: 27,408

カテゴリー: ハンドメイド・工作・手芸 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す