元祖ドットデザイナー! Mr.ドットマンこと小野浩氏の全仕事を網羅した歴史書『Mr.ドットマン ー小野浩 全仕事ー 前編』が素晴らしかった件



ものすごく濃密な一冊でした…!

というわけで今回ご紹介するのは、サークルゲー夢エリア51 様による
資料系同人誌の新刊、『Mr.ドットマン -小野浩 全仕事- 前編』
黄金期のナムコで多数の作品に携わられた元祖ドットデザイナー、
Mr.ドットマンこと小野浩さんの40年にも及ぶすべての仕事を網羅する「歴史書」です!

今回は、この本があまりにもすごかったので
ちょっとだけ中身をご紹介させて頂きたいと思います!



インタビューは、小野さんの幼少時代のお話から始まります。
どうやら、当時の銭湯の「タイル画」から何かしらの影響を受けたとか…?


ナムコ入社後、最初にエレメカに携わった経験についてなども
初めて見るゲーム機の豊富な資料などを交えてじっくりと。


そして、いちばん初めに小野さんが携わられたビデオゲームは『ギャラクシアン』!
タイトルロゴ制作のお手伝いや筐体アートワーク、
インスト、フライヤーのデザインなどに携わられたそうです。


初めて「ドット絵」を描かれたのは『タンクバタリアン』!
当時はまだ方眼紙に手描きでデザインされていたんだそうです…!


『マッピー』の項では、あの「ご先祖様」のフォルムについてのお話が!
「モナリザ」から派生し、今も制作を続けられている
「絵画シリーズ」のドット絵作品のお話もありました。
さらにこの次のページでは、盗品(ターゲット)アイテムの
幻の没グラフィックの数々も公開されていたりします…!


『ギャプラス』キャラの、あのヒネった飛行パターン作成の苦労話もおもしろい!
実際に立体をつくり、角度を変えて見ながらドット絵を描いていくという
なんともアナログな手法だったようです。


こちらは『ドラゴンバスター』。マップやモンスターのドット絵、
そしてこのファンタジーっぽいイメージで描かれたという
流れるような美しいタイトルロゴも小野さん作。
これと『バラデューク』のロゴは本当に素敵なんですよね…

などなど、ほんとに各ゲーム全部についてご紹介したいくらいの勢いなのですが
今回はほんの一部ご紹介しました。
こんな感じで当時の貴重な開発秘話や裏話、豊富な資料と写真、
ドット絵やロゴ、アートワークに込められた小野さんの想いが詰まっていました!

そしてなんというかやはり、当時のゲーム制作に携わり活躍された方から実際に伺った
生のお話を、こうやって纏められて形にされているということは
すごく意義のあることだと思いました…素晴らしい本でした!
これはぜひ、実物を手にとって中身をじっくりご覧いただきたいと思います。

そしてこのボリュームの多さで忘れそうになってしまいますが、
この本はあくまでも「前編」。
現在「後編」の制作も進められているようで、これは続きも楽しみですね!

今回ご紹介した同人誌『Mr.ドットマン -小野浩 全仕事- 前編』は
以下のお店などにて委託販売もされています。
ゲーム探偵団通販あり
COMIC ZIN通販あり
BEEP 秋葉原通販あり
いろいろや ひげねこ堂通販あり
まんだらけ通販あり
メディアマックスゲームス
(※11/12現在:五十音順)
このずっしりとした歴史の重みを感じる本、ぜひ実際にお手にとってみてください!

さらに、今年の冬のコミックマーケット95の
12月30日(日)
サークル名:ゲー夢エリア51  スペース:A-59bでも頒布されるとのこと
なんとこの日は、Mr.ドットマン小野さん本人もスペースに来られて
サイン会をされる予定もおありとのことですので
気になった方は、ぜひこちらも併せてチェックしてみてくださいね!

『Mr.ドットマン -小野浩 全仕事- 前編』
【目次】

第1章:タイル画とプラモデル
前段/幼稚園の頃/小学校低学年の頃/
小学校中学年の頃/小学校高学年の頃

第2章:中高時代 目指せ芸術系
中学生時代/高校生時代/
それはポンから始まらず/美大芸大を志す

第3章:専門時代
専門学校時代/専門時代のゲーム事情/
ナムコへの道のり/オリエンターテションに臨む

第4章:ナムコ入社
ナムコ入社/ナムコってどんなところ?/インベーダーブーム

第5章:エレメカの開発に携わる
フルフェイス ドラえもん/ミスターダック/ゼロイン

第6章:ビデオゲームの開発に着手
広告図版を作る/ギャラクシアン/キューティーQ/ナバロン/
SOS/パックマン/キング&バルーン/タンクバタリアン/
ドラえもん タイムマシン/ラリーX/

第7章:本社分室時代
ニューラリーX/さんすう道場/ワープ&ワープ/
ミニゴルフ/ギャラガ/ボスコニアン

第8章:多摩川分室時代
ディグダグ/ポールポジション/スーパーパックマン

第9章:大森分室時代
ゼビウス/マッピー/パック&パル/
ファミコン登場/ソルバルウ スクラッチモデル

第10章:Mr.ドットマン誕生
NG①/フォゾン/ポールポジションⅡ/リブルラブル/
ギャプラス/コスモスワット/スーパーゼビウス(ジャケット)/
パックランド/ドラゴンバスター/ディグダグⅡ/
ホビーボーイ/メトロクロス/バラデューク/NG②

ゲー夢エリア51編集 著者ぜくう(zek.)
B5サイズ/300ページ

▼関連リンク
ゲー夢エリア51 同人誌TOP

遠山茂樹作品集・アートワークス編(資料系同人誌/B5判/246ページ)
ぜくう
密林社
売り上げランキング: 527,314

カテゴリー: 本・雑誌 タグ: , , パーマリンク