100年後のレトロゲームレビューサイトを描いた、カクヨムで人気の小説「The video game with no name」が書籍化決定!



書籍化、ずっと待ってました…!

というわけで当サイトでも以前ご紹介した
小説サイト「カクヨム」で連載されていた小説
「The video game with no name」が書籍化決定されました!おめでとうございます!

この小説は、「100年後のレトロゲーム・レビューサイト」、
とくに「低評価を受けたゲーム」中心のレビューサイトを描いたもの。
完全な妄想で語られる未来の様々なゲームや、ゲーマーのよくある姿などを
豊富なゲームの知識をもとに、圧倒的な文章力で綴られた、スゴいお話なんです…!

まだ書影は公開されていませんが、なんとイラストは
「それでも町は廻っている」や「木曜日のフルット」などでおなじみ
石黒正数先生が担当されるとのこと。これは楽しみ!

そして作者の赤野工作さんによると、この本の売上については
JAXAや鯖江市など、作中に登場する公的機関への寄付を考えられているそうです。
また、個人的に「サイン会などはやらないのか」と聞いてみたところ
「ない」とのことでした…ざんねんです

というわけでこちらの小説「The video game with no name」は、6月30日発売予定。
Amazonで予約が開始されたばかりとのことですので
気になった方はチェックしてみてくださいね。
そしてまだ小説を読んだことのない方は、
カクヨムのほうもぜひ併せてご覧になってみてください!

▼関連リンク
ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム | 赤野 工作, 石黒 正数 |本 | 通販 | Amazon
The video game with no name(赤野工作) – カクヨム
The video game with no name(赤野工作) – カクヨム
模範的工作員同志/赤野工作(@KgPravda)さん | Twitter
低評価ゲームの魅力を検証しよう!-ニコニコミュニティ

ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム
赤野 工作
KADOKAWA (2017-06-30)

カテゴリー: 本・雑誌 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す