まるでホンモノみたい!カラーボックスを「ディスクライター」風にデコレーションした作品がスゴい


01_R
この懐かしさといったら…!

どこからどうみても、ホンモノのディスクライターにしか見えないんですが…
なんと、どこにでもある「カラーボックス」を
リメイクして作られているそうなんです!すごい!

以下に、製作過程をご紹介させて頂きますー!

02_R
こちらはリメイク前のカラーボックス。
よく見かけるタイプの、シンプルな2段のものです。
棚板を調整し、ブラウン管のモニターが入るように
ピッタリサイズに仕上げます。

03_R
ざっくりと必要なものは、カッティングシート、スモークのアクリル板、
そしてプラスチックボードとのこと。

04_R 
まずはプラスチックボードを、カラーボックスの前面と同じサイズにカット。
上部はモニターサイズにくり抜いておきます。

05_R
カラーボックスの白い部分には
大きなグレーのカッティングシートを貼り…

06_R
プラスチックボードを貼り付け、
モニター部分にはアクリル板を貼ります。
だいぶそれっぽくなってきた!

07_R
そして、仕上げのステッカーも準備!

08_R
パソコンでデザインし、ホンモノっぽく着色します。

09_R
そしてステッカーでデコレーションするとこんな感じに!
下半分には見本のディスクシステムの画像を配置。

10_R
細かい部分を仕上げて、出来上がり!
これはなんというクオリティの高さ…お部屋にあったら興奮しそう!

こちらの作品は、kazzycomさんによるもの。
Twitterにて制作風景をアップされていたのを引用させて頂きました。

もともと、このカラーボックスは捨てる予定だったものだそうですが
こんなにステキにリアルにリメイクされるなんて…
なんとも素晴らしい作品でした!
これはちょっと真似して作ってみたくなっちゃいますね♥

via:kazzycom(@kazzykazycom)さん:Twitter

任天堂 サウンドヒストリーシリーズ「ディスクシステム レアセレクション」
ゲーム・ミュージック
サイトロン・デジタルコンテンツ (2005-04-06)
売り上げランキング: 320,677

カテゴリー: ハンドメイド・工作・手芸 タグ: , パーマリンク

コメントを残す