80年代にコロコロ読者だった方、みんなに読んでほしい!のむらしんぼ先生の「コロコロ創刊伝説」が面白すぎたので紹介したい


01
あの時代のコロコロの伝説が今ここに!

「つるピカハゲ丸くん」などでおなじみ、のむらしんぼ先生によって
コロコロコミック創刊からの歴史や思い出がアツく描かれた
「コロコロ創刊伝説」、単行本がようやく発売になりました!

この漫画、ほっんとに面白かったので
ちょっとだけ中身をご紹介させていただきます!


 02
始まりは、日々迷いながらも漫画に打ち込むのむらしんぼ先生のもとに
コロコロコミック初代編集長の千葉氏が亡くなった知らせが入るところから。
創刊からコロコロとともに時代を過ごした先生でなければ描けない漫画を…!
と、このプロローグだけで胸が熱くなります。

11
そしてお話は、コロコロコミックの立ち上げ時代に。
当時は、サンデーやマガジンなどをはじめとして漫画の対象年齢層が上がっていた時代。
意外にも、児童向けの漫画への風当たりは強かったようです。

10
そんななかから苦労して産み出された雑誌、「コロコロコミック」。
この名前には、こんな素敵なメッセージが込められていたんです…!

12
そしてもちろん、のむらしんぼ先生の連載漫画のお話も。
初連載「ケンカばんばん」がすぐに打ち切りになり、藤子F先生の励ましをもらい
受験漫画「とどろけ!一番」で再起をかけるところまでが1巻に掲載されています。
秘技、答案二枚返し!四菱ハイユニ!!

05
こちらは、動きのないゲームプレイヤーをどうやって漫画にするか悩んだという
すがやみつる先生の「ゲームセンターあらし」誕生秘話での印象的なひとコマ。
小学生の読者はイケメンで完璧な主人公なんて求めてない、
もっと親しみやすい主人公を生み出して欲しい…
という編集者さんの想いがストレートに描かれている名場面です。

03
また、当時のコロコロ編集部では、若手漫画家さんがひとつの部屋に集まって
お互い助け合いながら原稿を仕上げていたそうです。いいお話ですね…
のむらしんぼ先生が、結婚式の前日までここでお仕事をされていたエピソードなども。

07
そして、先生のリアルな借金のお話の場面もちょっとだけ…
どうやらご苦労をされているようですが、
この単行本が売れたらどうにかなるかもですって!?これはぜひ応援していきたい!

あ、個人的にのむらしんぼ先生の最近の作品では
ゲームクリエイターを目指す熱血少年を描いた超熱ゲームキッド クリエイ太
とてもよかったのでこれもオススメしていきたい!

08
そうそう、ちょうどコミックスのウラ側の帯の部分にも
収録内容が分かりやすい一覧がありましたので、併せてご紹介しておきます!

ほんとどのお話もアツくて、先生が情熱をかけて執筆されているのが伝わってきて
ちょっと泣きそうになってしまったシーンもありました。
コロコロ創刊から黄金時代のあたりを生きた年代の方なら
懐かしく、そして心に響くものを見つけながら読めると思います。超おすすめ!

なんと今なら、Kindleでコロコロアニキ第1号が無料で読めますので
ここに掲載されている、コロコロ創刊伝説の1話と2話無料で読むことが出来ます。
iPhoneなどでも読めますので、気になった方はまずはこちらからお試しを!

なお、コロコロ創刊伝説、Amazon楽天ブックスなどでも販売されていますので
本屋に行く時間がない方などは、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

09
また、ふろくの高橋名人ステッカーが最高だった
「コロコロアニキ 第5号」では、このコミックスの続きを読むことも出来ます!

この続きのお話は、人気が出始めたコロコロに
ライバル誌「ボンボン」の影が忍び寄る…という、いちばん興味のあるところの話が!
そして「超人キンタマン」のオガンダムの話など
当時の読者としてはたまらないアレがありましたので、こちらもぜひ!

コロコロ創刊伝説 1 (てんとう虫コミックススペシャル)
のむら しんぼ
小学館 (2016-03-15)
売り上げランキング: 29,849

カテゴリー: 本・雑誌 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す